飛べない豚はトドになった

本と文房具が好きなのにIT系企業でPMをやっているパパの日記。結婚してから増えてしまった体重を減らしたい。

『史上最強の弟子ケンイチ』60巻

あらすじ

兼一VS.鍛冶摩、最強の弟子はどっちだ?

“久遠の落日”を巡る梁山泊と闇の抗争は新たな局面を迎える。
敵の拠点を突き止めた梁山泊は、兼一ら弟子と分かれて上陸し、それぞれが壮絶なバトルを開始!
数的不利の状況で苦戦する梁山泊だったが、武に対する信念の違いから、無手組と武器組の間に不協和音が生じ…?
そして風林寺砕牙によって、美羽とその母・静羽の過去が語られ始める!

感想

怒涛の4ヵ月連続刊行の第4弾。
そして最終巻の1つ手前となった今巻。
弟子の考え、取り巻く状況、その他諸々により立ち位置を変えていく達人たち。
まさかこの人が、という達人までもが立ち位置を変えたのには驚きました。

その達人たちの力もあり、劣勢だった梁山泊が長老不在でも盛り返してきたところが胸熱。
さらに、にょにょにょの人の活躍。
ちょっとコマ割りが細かく、分かりにくいところがありましたが、2度3度と読めば理解できるはずです。

ケンイチVS鍛冶摩の戦いもクライマックスに向けて盛り上がってまいりました。
どちらも武の才能はなく、その強さは積み上げ続けた努力によるもの。
鍛冶摩さんが優勢に戦いを進めていく中、ケンイチに対抗手段はあるのだろうか。

過去の落日を知るばあさん。
ケンイチVS鍛冶摩、才能のない弟子対決はどちらが勝つのか。
そしてどうやってこの広げまくった大風呂敷を畳むのか!(笑)
最終巻61巻は2015年2月発売予定。 

 

 

広告を非表示にする