読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

コーヒーを淹れるフィルター

コーヒーを淹れるときに使うフィルターには大別して紙と布の二種類があります。

両方使った感想を書いてみます。

(12/09:メモ書き状態だったので体裁を整えました。内容に変更はありません。)

 

紙フィルター

メリット
  • 使用後捨てるだけなのでお手入れ簡単
  • 100円均一でも手に入るほど安価で入手が楽
デメリット
  • 雑味が出やすい
  • ストックを置く場所に困る

布フィルター(ネル)

メリット
  • 雑味が少なくコーヒーの味を楽しめる
  • 1枚で長く使えるのでストックを大量に持たなくて良い
デメリット
  • 使用後の掃除がちょっと大変
  • 保管は水につけておく必要がある
  • 入手できる場所が少ない

まとめ

  • 簡単手軽に飲みたいなら紙フィルター
  • 味にこだわって飲みたいなら布フィルター
レギュラーコーヒーを淹れるときに使うフィルターだけの話でした。
一番お手軽なのはインスタントコーヒーですし、味にこだわるなら喫茶店という選択肢もありますね。
広告を非表示にする