飛べない豚はトドになる

本と文房具が好きなのにIT系企業でPMをやっているパパの日記。結婚してから増えてしまった体重を減らしたい。

今年も参加「トミカ博 in YOKOHAMA」!

こんにちは、カユウです。

2016年に続き、2017年も「トミカ博 in YOKOHAMA」に参加してきました。 www.takaratomy.co.jp

期間は2017年08月10日~2017年08月20日の10日間。
2017年のプラレール博が5日間の開催だったので、倍の開催期間です。
※気になって調べてみたら、もともとトミカ博は10日程度の開催期間の模様。

展示コーナーは新しいトミカタウンの様子を、トミカタウンの市長と一緒に見るイメージです。
息子がトミカタウン市長、Tくんそれぞれと並んだところ、市長のほうが大きいことを発見!
ちゃんと大人と子供とを分けているようです。

プレイチケットエリアは今回から登場した絵合わせなど、ゲームの数が増えていました。
あみだくじもトミカ出場も僕は初めて見たのですが、どのゲームもやるだけなら未就学児でもできる。
でも、狙って当たりを出すためのは大人でも難しい。
という見事なゲームバランスで作られていました。

入場後、妻と子はスタンプラリーを、僕はプレイチケット入手をし、物販前で合流するのがカユウ家のスタイルになっています。
このスタイルにすると、人が少なめの状態で買い物をすることができるので、カユウ家にはベストなのです。

無事、買い物を終え、プレイチケットエリアに移動します。
トミカ組み立て工場はランサーエボリューションがダントツの人気。
ですが、息子はベンツが良いとのことで、ベンツの列に並びました。
息子の望み通り、トミカつり、トミカ出場もやりました。
トミカつりでは働くクルマをつり、トミカ出場では外れの車をもらって喜んでいました。

朝に家を出て、トミカ博で遊び、家に帰るころには夕方になる。
なんとなく1日遊んだ感が出るので、夏休みの遊び場としては良いのではないでしょうか。

ただ1点、タカラトミーさんへのお願いがあります。
どうか、どうかお菓子の新作を出してください!
8日目に参加したので、新作のお菓子は売り切れてしまった可能性もありますが。。。
売っていたお菓子は過去に1度は買ったことがあるもので。
できればトミカだけではなく、お菓子にも新作を出していただけるとありがたいのです。

ではでは、今回はここまで。