トド日記

妻からトドと呼ばれる、本と文房具が好きなIT系企業で働くカユウの日記

情報量が多すぎて1回じゃ足りない『空海−KU-KAI− 美しき王妃の謎』

本日2018/02/24 (土) 公開の『空海−KU-KAI− 美しき王妃の謎』を観てきました。

この映画、場面場面に詰め込まれている情報量が半端じゃなく多いのです。
しかも名のある登場人物はすべて歴史上の人物。
学校の授業だけでなく、漫画や小説にも登場する人もいる。
中国の歴史は勉強したことがありませんでしたが、映画を観て興味が湧いてきました。
特に玄宗皇帝と楊貴妃については、映画と史実とを照らし合わせてみたくなりますね。

さて、物語の主人公は映画のタイトルにもある通り、空海
のちに弘法大師と呼ばれる真言宗の開祖です。
その空海真言宗を開く前、大唐に密教を学びに行ったところから物語が始まります。

物語のキーマンは、楊貴妃阿倍仲麻呂の二人。
空海が大唐に向かう30年前の人物です。
どちらも歴史上の人物ですが、楊貴妃世界三大美女の一人にあげられたりするので、いまだ耳にすることもあります。
というか、楊貴妃阿倍仲麻呂に接点あったんですね。
その辺も含め、史実を確認したいと思いました。

また、物語の舞台は、今は失われた長安の都。
このご時世、CGで再現なのかと思いきや、映画のために長安の都を再現してしまったのだから驚き。
映画の中でしか見ることができませんが、こんな都があるなら行ってみたいと思いました。
建物から建物への空中回廊とか今もあったら便利だろうな、と思う構造なこともあり、都を移動するシーンはとても楽しかったです。

個人的に残念なことは、日本語吹き替え版しか公開されていないことです。
日本人俳優も中国語で演じているとのことなので、ぜひ字幕版を公開してほしいですね。

改めて思い返しても、映画から与えられた情報量が多いです。
史実として残されているものを確認した後、もう一度観たいと思いました。