カユウの趣味日記、ときどき子育て

本と文房具とデジタルが好きなIT系企業で働くカユウの趣味日記と子が育った記録

映画『キングスマン ゴールデン・サークル』キレッキレのアクションは見応え有!

テレビCMで知って以来、ずっと観たいと思っていた映画『キングスマン ゴールデン・サークル』を観てきました。
テレビCMで見た以上にキレッキレなアクションシーンは見応え有りでした。

www.foxmovies-jp.com

今回はIMAXシアターで観たのですが、画面が大きく、音響も全方向から聞こえてくるので、アクションがメインである『キングスマン ゴールデン・サークル』にはピッタリでした。
MX4Dでも上映されているのですが、字幕版で観たかったので、IMAXを選びました。
吹き替え版で観たい方はMX4Dのアトラクション感を楽しむのもいいと思いますよ。

前作を観ていなくても楽しめる

テレビCMだけだとわからないのですが、この作品は第2作目なんです。
観たいとは思っていましたが、全然下調べをしていなかったので、知りませんでした。 公開初日に観た人のブログで第2作目であることを知ったくらいです。

Amazonに前作のBlu-rayがありました。
思ったより安いので買っちゃおうかな。。。

ですが、前作の内容を知らなくても楽しめる作品です。
前作を観ていない僕が言うんだから間違いありません。

主人公エグシーが恋人と付き合うようになった経緯とか、同僚であるロキシーとの関係性とか、キングスマンという組織がどういうものなのかとか、前作を知らないので観ていて気になるところは多々ありました。
でも、アクションのダイナミックさに圧倒され、細かいところは気にならなくなってしまいました。
それぐらいアクションが多彩で、一時も目が離せなかったのです。

ガジェットは夢の塊

傘が銃になったり、革張りのアタッシュケースがマシンガンになったりといった各種ガジェット。
テレビCMでスーツを着たエグシーとハリーが傘とアタッシュケースで戦っているのは、テレビCMで流れているので知っている人もいらっしゃるでしょう。
そのほかにも、紳士が使いそうなグッズがガジェットとして登場しています。
まるで名探偵コナンに出てくる阿笠博士の秘密道具みたい。

もちろん、キングスマン側だけでなく、協力するステイツマン側もお国柄を意識したガジェットを使っています。
投げ縄や鞭といった西部のカウボーイが使いそうな道具だけでなく、アメリカといえばこれという道具もガジェットになっているのです。

パッと見は普通の道具だけど実は違う、というようなガジェットを考えるのは楽しそうですよね。

変身しないヒーロー映画

前作で殺されたと思われていた人が実は生きていた、というのはヒーローものの鉄板ですよね。
異なる組織との協力し、人質救出のために頑張る姿も含め、スパイ映画というよりは、変身しないヒーロー映画じゃないかな。
まるで「忍びなれども忍ばない!」と言っていた某戦隊ヒーローのような感じで。

アクションはキレッキレで、シリアスな中にもコミカルな面があり。
娯楽映画ってこうだよね、というのをきちんと表現してくれています。

ちゃんと映画のシーンをテレビCMで使ってくれているので、「ここのシーンか~」と思いながら観れるところもいいですね。

まとめ

お正月に観る映画として、スカッとさせてくれる素晴らしい映画です。
今年1年、気持ちよく過ごせるような気にさせてくれるので、ぜひ観てみてください!

あ、PG-12なので、小学生以下のお子様は保護者と一緒に観てくださいね。