カユウの趣味日記、ときどき子育て

本と文房具とデジタルが好きなIT系企業で働くカユウの趣味日記と子が育った記録

国内で移住するならどこがいいかなと考えるだけで楽しい

リモートワークで一番よかったのは、通勤時間が0分になったことですね。

今の家からオフィスまで、片道50分程度の通勤時間がかかります。
往復だと1時間40分くらい。
月の営業日を20日とすると、月の通勤時間は33.3時間くらい。
1年間で 400時間 = 16.7日間の時間を、通勤で使っていました。

リモートワークになった今は、朝起きて、身支度を整えたら、すぐに作業を始められます。
通勤時間0分です。
通勤していた時間分、早く作業を始めることもできますし、家事にあてることもできます。
それに、リモートワークであれば、作業が終わったらすぐに家族と会話したり、本を読んだりすることができるのです。
いやー、リモートワークは素晴らしいですね!

とはいえ、四六時中、ずっと家で作業をしているのは大変です。
でも、疲れたなーと思って窓から外を見ても、そこにあるのは隣の家。
気晴らしに散歩に行っても、周りは家やマンションばかり。
会社に行くには便利な立地ですが、在宅作業の合間のちょっとした気分転換には不向きだなーと。

パソコンと快適なインターネット環境があれば、仕事ができるって考えると、東京に居続ける必要はない気がしてきます。
リモートワークなら、「地方暮らし、東京勤務」を実現できるんですよね。

それに気づいてからは、その地方暮らしをするには、どこに住むといいのかなーって考えてます。
どこがいいかなって考えて、調べてるだけでとっても楽しいんですよ。

いいなーって思っているところをいくつかご紹介します。

東京都奥多摩

奥多摩市は、東京都で一番広いそうです。
自然にあふれ、山と川が豊富にあるのが素敵ですね。
コロナが広がる前に遊びに行ったことがありますが、大きなお店も多くて、自然だけじゃないなって思いました。
難点は、車移動が必須になってしまうこと。
あいにく、妻は運転免許を持っていないので、どこか遊びに行きたいって思っても、僕の体が空いていないと動けないのは申し訳ないですね。

環境面もいいのですが、少子化対策・定住化対策も充実しているんです。
奥多摩独自の補助や事業も多いのがうれしいですね。

奥多摩町/少子化対策・定住化対策

神奈川県逗子市

山と川もいいんですが、妻の一押しは神奈川県逗子市。
逗子海岸があり、海に近いということ。
それから、湘南新宿ラインに乗れば、一本で新宿や、埼玉まで行けること。
山や川はたくさん行ったから、これからは海にたくさん行きたい、という妻の要望を叶えられます。

あと、逗子の立地として、鎌倉や横浜に近いというのも、僕個人的にはポイントが高いです。
鎌倉の寺社仏閣や、シーパラダイスに行きやすくなるのがうれしいですね。

ただし、逗子への移住をオススメしていない方もいらっしゃるようなので、よく考える必要があります。

【逗子移住】あなたが絶対に逗子に住んではいけない8の理由【失敗】 | グランカーサ│湘南地域情報

長野県上田市

映画『サマーウォーズ』の舞台になったことでも有名な長野県上田市
大河ドラマ真田丸』の真田家ゆかりの地でもあります。
まさか陣内家の家のモデルが、真田家が作り上げた上田城だとは思いませんでした。
映画を観てて、敷地も家も大きいなって思ってはいたんだ。
イカ釣り漁船を浮かべられる池がある家ってなんだよって思ったからね。
そりゃ城をモデルにしたら、大きいのも当たり前ですね。

夏場でも30℃を超えることがあまりなく、年々夏の暑さにやられている僕にはうれしい気候。
在宅だとエアコンなどの電気代が気になりますが、日によっては扇風機だけでも過ごせそうです。
それに上田市は長野県の中でも、比較的積雪量の少ない地域だそうです。
他の地域と比べれば、冬場も過ごしやすそうなのがいいですね。

長野県が毎年開催している「おためしナガノ」の対象に、上田市も含まれています。
2020年の募集期限はとっくにすぎてしまったので、参加してみたい方は来年もやることを期待しましょう。

おためしナガノ

あ、東京駅から新幹線だけで上田駅に行けるんですね。
交通の便もいいとは知りませんでした。

今はまだ外出するのが難しいので、実際に行って確かめることができていません。
状況が落ち着いたら、遊びに行きがてら、移住先の候補に行ってみるのも楽しそうだなーと思っています。

地方でクリエイティブな仕事をする

地方でクリエイティブな仕事をする