読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

『虚構推理』 1巻

本-マンガ

こんにちは、カユウです。

いつの間にかAmazonのオススメに表示されていた「虚構推理」。
最初はあまり気にしていなかったのですが、あらすじに釣られてポチッとしてしまいました。

ちなみに、原作小説は未読です。

あらすじ

絶園のテンペスト城平京 最新刊!! 怪異達の知恵の神になった少女と、怪異にさえ恐れられる男が、怪異に挑む[恋愛×伝奇×ミステリ]!!

“怪異”の知恵の神になった少女・岩永琴子が一目惚れした相手・桜川九郎は、“怪異”にさえ恐れられる男だった!? 2人に振りかかる奇想天外な事件と、その恋の行方は――!?

怪異になってしまった一人の少女と、怪異にさえ恐れられる一人の男が出会った時、生まれるものは――!? “推理”、“妖怪”、“都市伝説”、“恋”……予測不可能な物語が幕を開ける!!
引用元:https://www.amazon.co.jp/%E8%99%9A%E6%A7%8B%E6%8E%A8%E7%90%86-1-%E8%AC%9B%E8%AB%87%E7%A4%BE%E3%82%B3%E3%83%9F%E3%83%83%E3%82%AF%E3%82%B9%E6%9C%88%E5%88%8A%E3%83%9E%E3%82%AC%E3%82%B8%E3%83%B3-%E7%89%87%E7%80%AC-%E8%8C%B6%E6%9F%B4/dp/4063714918

第1話はどこかで読んだ覚えがあるようなないような。
怪異の神となった少女と、怪異にすら恐れられる青年の出会い。
何というか、この少女、行動力ありすぎだろう……

第2話は第1話の2年後が舞台。
青年の元カノであるサキさんが警察官として勤めている市で事件が起こります。
三角関係になる未来を予想させつつ、サキさんと少女の邂逅で終わる。

1巻の時点では、青年は2種類の怪異をたらふく食べたこと。
そのうち1種類は人魚であり、死なない体、傷ついても即座に修復される体になったことまで判明している。
もう1種類が何であるか、何故怪異をたらふく食べることになったのか。
どこかで語られることを楽しみに2巻目をポチッとなしようと思います。

ではでは、今回はここまで。

『Q.E.D.iff -証明終了-』 1巻

本-マンガ

こんにちは、カユウです。

前から好きだった「Q.E.D.証明終了」。
50巻まで発刊されているので、置き場所の都合で購入は見送ってきました。
が、しかし。
Amazonでいろいろ見ていたら「Q.E.D.iff -証明終了-」として復活したとのこと。
そのままポチッとしてしまいました。

あらすじ

「以上‥‥証明終了です」
MIT(マサチューセッツ工科大学)を15歳にして卒業後なぜか日本の高校に入学した天才・燈馬 想と、健康優良女子高生・水原可奈。高校3年生になった名コンビが難事件を解き明かす!! 精緻なトリックと奥深き人間描写――ミステリの金字塔『Q.E.D.』、ここに再起動(リブート)!!
密室だったはずのアトリエで彫刻家を殺した犯人に迫る「iff」、100年前に科学と宗教の狭間で起きた殺人事件を紐解く描き下ろし「量子力学の年に」、大ボリュームの読み切り2作品を収録!!

Q.E.D.証明終了」 では高校2年生だった燈馬 想と水原可奈は高校3年生に。
第1話では、2人が通う高校の剣道場の建て替えが話の発端となりました。
可奈が動いて事件を見つけ、可奈が持ってきた情報に興味を持った想が解決という名の証明をする。
帯に書かれていた『再始動(リブート)』の通り、これまで読んできた「Q.E.D.証明終了」 でした。

第2話は、作者コメントによると「Q.E.D.」の100回目として描かれたそうです。
科学知識、数学知識がわかりやすく書かれているので、キーワードとそれに関する概要が理解できるのも「Q.E.D.」の素晴らしいところ。
シューレディンガーの猫という単語は聞いたことがあっても、何故そのようなことを考える必要があったのかについては興味があっても調べたことのない人も多いのでは。
量子力学はいろんな科学者が関わっていて、それぞれの主張があることが分かりました。
物語の中に物理学や論理学が入ってきて、とても面白い話でした。

ではでは、今回はここまで。

「キリン 氷結® あまおう®<期間限定>」のご紹介

飲み物・食べ物 飲み物・食べ物-酒

こんにちは、カユウです。

期間限定で発売されている「キリン 氷結® あまおう®」のご紹介です。

僕が買ったのはこちらの350ml缶です。

Amazonで調べたら500ml缶もありました。

たまたまスーパーにお酒を買いに行ったところ、お酒コーナーの手前に積み上げられているのを発見。
期間限定の文字に釣られ、1本確保しました。 洋菓子のところにもあまおうを使ったケーキなどが置いてあったので、今冬はあまおう推しなのかも。

早速家に帰って開栓。
僕の鼻はあまり良くないだけなのかもしれませんが、いちごの香りはあまり感じられません。
そしてそのまま一口。

いちごの風味が口に広がった!

いちごのような甘さがダイレクトに感じられました。
微炭酸とあいまって、おいしいいちごサイダーのよう。 その甘さはすーっと消えていき、いつまでも口の中に残ることはありません。
それはジュースではないことを示しているようです。
ただ、アルコールはあまり強く感じられません。
家でさらっと飲むには良さそうです。
1缶しか買わなかったので、後ほど買ってこようと思います。

いちごの甘みが感じられるので、いちごが好きな方にはオススメです。
いつまでも甘みが残るわけではないのですが、ガツンとアルコールを感じられるお酒が好きな人には物足りないかと。
もちろんお酒なので、20歳を過ぎてから、ですね。

ではでは、今日はここまで。

2017年の手帳について年初の想定

あけましておめでとうございます!
こんにちは、カユウです。

あっという間に年明けになってしまいました。
2月に転職したと思ったらもう1月。
まだまだ知らない社員も多い状態ですが、なんとか続けられています。

いろいろな方のブログやTwitterで、来年の手帳の準備が進んでいるのを見て、自分が2017年の手帳はまだ開けていないことを思い出しました。
2017年はトラベラーズノートレギュラーサイズのバーチカルウィークリーと、トラベラーズノートパスポートサイズのマンスリーを準備。
パスポートサイズのマンスリーは常に持ち歩き、予定の有無やメモ用紙として活用。
ウィークリーには仕事の開始終了時間や、簡単な食事記録を。

そしてCa.creaでのBullet Jurnalを継続し、日々発生する予定ややること、そのときの考えをキャッチ。
通年で見返したいメモなどはバイブルサイズのメモ用紙に記述して、都度都度見返す予定。

2016年にリスティに書いていた四行日記はExcelに移行する予定。
100年日記を模してみてますが、パソコンの前にいないと書けない現状でどうやって続けるかが課題ですね。

年が明けてしまいましたが、ゆるゆると手帳の準備をして、2017年を乗り切りたいと思います。

ではでは、今回はここまで。

『アルスラーン戦記』6巻を読みました

本-マンガ

こんにちは、カユウです。

アルスラーン戦記』6巻を読みました。

作者コメントはお互いの新刊について。
原作が小説として発売されていると、先行きが気になるんだろうなぁ。

6巻はアルスラーン殿下が自分の血筋について知ってしまう巻です。

バラバラになった登場人物たちが集い、また新たな万騎長キシュワードが登場。
気持ちの良い人柄、 双刀から繰り出される剣技。
長いヒゲもあいまってなかなかインパクトのあるキャラクターです。

パルス国内の内紛をどういう手段でか知ったシンドゥラ国の進攻。
そしてヒメレスとの初顔合わせ
アルスラーンにはまだまだ試練が訪れます。

とはいえ、6巻の最後で捕まってしまったシンドゥラ国の王太子
彼がどうやって捕まってしまったのかを想像しながら、7巻の発売を待ちたいと思います。

ではでは、 今回はここまで。

『七つの大罪』23巻を読みました

本-マンガ

こんにちは、カユウです。

七つの大罪』23巻を読みました。

作者コメントはサボテンの話。
ちなみに我がカユウ家はサボテンすら根腐れを起こしてしまうほど、湿気がひどいです。

本編では、ザラトラスが復活!
しかもやられる前に差し入れられたフィッシュパイに毒が入っていたという事実まで判明。
食欲には勝てないってことかな(笑)

エスカノールの力の一端が見えたり、七つの大罪結成頃の話があったりと盛りだくさん。
女神族が憑依したにも関わらず、一瞬で決着がついてしまったのは残念だが、また謎が増えた。

そしてメリオダスの復活。
最凶の魔神であったことが明確になり、徐々に力が増している理由も判明。
メリオダスが動けない間に、しっちゃかめっちゃかに入り乱れている状況に。
この状況をメリオダスがどう収めるのか。
24巻が楽しみです。

ではでは、今回はここまで。

Bullet Journal(バレットジャーナル)の書き方【2016年12月】

文具 文具-Bullet Journal

こんにちは、カユウです。

Bullet Journal(バレットジャーナル)の公式サイト (英語) はこちら。  bulletjournal.com

2016年12月の書き方を公開します。
と言っても買えたのはマンスリーカレンダーの右ページをHabitにしただけ。

f:id:k-y-u:20161208131917j:plain

11月から変更しているのですが、習慣にしたいことや継続的に実施したいことが一目で見れるので便利です。
マンスリーのほうに書く予定が少なければ、1ページにまとめちゃってもいいかも。

デイリーのほうは公式サイトに合わせてその日ごとの内容をつらつらと。
タスクを書き込むことはだいぶ減ったかな。
やらなきゃって思ったらToodledoに登録するようにしているので、手書きでメモすることも減りました。

あとはバタバタしてると僕の手書きは遅い!
あとで読み返せるようにって考えてそれなりに丁寧に書いてるからかもしれないけど、キーボードで打つより時間がかかります。
最近質問や確認で声かけられることが増えてきたので、 キーボードのほうが中断しやすい気がしているのも原因かも。

2016年用と思っていたPULSさんのCa.Creaプレミアムクロスがあと1冊の半分ほど残っているので、2017年も引き続き使うつもりです。

ではでは、今回はここまで。

上野動物園に行くなら平日がオススメ

子育て 子育て-遊び場

こんにちは、カユウです。

今回は子供連れの定番、上野動物園に行ってきました。

www.tokyo-zoo.net

JR上野駅公園口から徒歩5分程度と駅から近い。
ジャイアントパンダやアイアイなと、 あまり見られない動物が展示されています。
広い敷地は東園と西園に分かれており、徒歩での移動もできますが、モノレールに乗って移動することもできます。
そして、入場料が安いです。

JR上野駅があるほうから入ると、東園になります。
入って右手側にはジャイアントパンダがいます。
平日に行ったのであまり人は多くなく、 落ち着いてパンダを見ることができました。
そのまま先に進み、ゾウやサル、フクロウを見たりしてからモノレールに乗って西園へ。

西園には動かない鳥として有名なハシビロコウがいます。
以前に友人から、ハシビロコウっぽいと言われたことがあり、それ以来好きになった鳥なのです。
僕はあそこまで目つき悪くないですけどね(笑)
そして、古代蓮が浮かぶ池をぐるりと回った先には、アイアイがいます。
現地では悪魔の使いと言われているアイアイですが、アジアの動物園では、上野動物園でしか展示されていないとのことですので必見です。

僕が個人的に見たかった動物たちはこちら。

こうしてみると僕の中でのメインは西園だったのかも。

残念なことに上野動物園は物販が充実しているとは言えません。
お土産コーナーも広くなく、人に配るようなお菓子も種類が多くはありません。
もっと物販に力を入れてもいいんじゃないかなぁと思いました。

遊び場DATA

  • 入場料
    • 一般:600円
    • 65歳以上:300円
    • 中学生:200円
    • 小学生以下(小学校6年生まで)と、都内在住・在学の中学生は無料
  • 行った日
    • 平日
  • 所要時間
    • 6時間程度
  • 食事を取れるところ
    • 東園には売店があり、晴れていればベンチに座り動物を見ながら食べられます。
    • 西園には広くはないですが食堂があります。

ではでは、今回はここまで。

いつの間にか言葉を覚えている

子育て

こんにちは、カユウです。

先日、妻が押し入れの中の整理をしていると、段ボールの中からポケモンピカチュウが描かれたガラスコップが出てきました。

妻としては使うつもりはなく、再びしまうつもりだったそうなのですが、脇に置かれたそのピカチュウのコップを発見した息子が大興奮!

「これで牛乳が飲みたいんですけど!」
「ストローもつけてね」

と早口気味にしゃべる2歳児。
3歳の誕生日まであと数ヶ月ではあるのだが、2歳児ってこんなにしゃべるっけ?

ちょっと前まで一語文。
ふと気が付いたら、三語文。
というかそれ以上を話してる。
そして、てにをはの接続語も使っている。

2歳くらいというとこういうものを使い、あいうえお、とか言ってるくらいだと思い込んでました。

子供の成長って親が思っているよりもずっとずっと早いものなんですね。

親の言葉遣いを真似して覚えているらしいので、これまで以上に言葉選びには気をつけようと思いました。
まずは大きいものを見ると、「でっかい」と言ってしまうのを直さなくては(笑)

ではでは、今回はここまで。

寒いときにはやっぱり「しょうが」!適当しょうが湯の作り方

飲み物・食べ物

こんにちは、カユウです。

寒くなってくると必ず摂取するものがあります。
それは、「しょうが」です。

冬場、寒くなると冷えによりお腹が痛くなることがあります。
個人的には、お腹周りの皮下脂肪、内臓脂肪が冷えたことにより、内臓も冷やされているんじゃないかと思っています。

そんなとき、健康関係のテレビをたまたま見ていたとき、しょうがには身体を温める効果があることを知りました。
テレビを見てすぐに、冷蔵庫にあったチューブのしょうがをお湯で溶いて飲んでみました。
すると、身体がじんわりと暖かくなった気がしたので、冬場はしょうがを摂取するようにしています。

k-y-u.hatenablog.com こちらの記事でも書いたように、昨年はしょうが茶の瓶詰を買い、お湯で溶いて飲んでいました。
が、ジャムのようにドロッとしているので、お湯に溶けるまで時間がかかるんですよね。
というわけで、今年はチューブのしょうがを使うことにしました。

最近飲んでいる適当しょうが湯の作り方をご紹介します。

適当しょうが湯の作り方

用意するもの

  • チューブのしょうが (すりおろした生しょうがでも可)
  • アサヒ飲料が出している「ほっとゆず・かりん」 (水で割る用のカルピスでも可)

手順

  1. マグカップにチューブのしょうがをお好みで入れます。生しょうがのほうが辛いので、入れすぎ注意。
  2. マグカップにほっとゆず・かりんをお好みで入れます。5倍希釈と書かれていますがもっと薄くしてもOK。
  3. マグカップにお湯を注ぎます。

しょうがとビタミンCが取れるので、風邪の予防の手助けくらいにはなるかと。
この冬はこの適当しょうが湯で乗り切ろうと思います。
粉末タイプのしょうが湯もあるという情報を入手したので、そっちに手を出すかもしれませんが。

ではでは、今回はここまで。